日本語教師の資格を取りたい!

日本語教師への資格を手に入れるための近道・スクールを徹底比較

日本語教師の資格を取るにはスクールが近道

日本語教師になるには、特に国家資格などは必要ありません。しかし、多くの日本語学校の求人条件として、「420時間以上の日本語教員養成講座の修了」「日本語教育能力検定試験への合格」などが課されています。

これらの求人条件をクリアするのは、独学では非常に難しいのが現状。スクールに通うことが何より近道です。

日本語教師資格のためのスクールを徹底比較!

日本語教師の求人条件とは

日本語教師になるための資格として、求人の条件となっている「日本語養成講座」と「日本語教育能力検定試験」についてもう少し詳しくご説明しましょう。

日本語教員養成講座

日本語学校などで教師を務めるためには、「日本語教師養成講座420時間修了者」というひとつの基準があります。

専門スクールに通い講座を修了すれば「有資格者」と認定されます。これは文化庁が示した指針に沿ったプログラムになっているため、日本語教師の求人では非常に有利になること間違いありません。

日本語教育能力検定試験

日本語教員としての能力が基礎的水準に達しているかを検定する試験です。

試験はマークシート、ヒアリング、記述問題からなり、異文化コミュニケーションの方法や日本語の構造・言語と社会の関係など幅広い分野から出題されます。

年に1度の開催で、2011年度は合格率26.6%となりました。この試験に合格するには独学では難しいため、通信講座で学んだり、スクールに通いながら資格取得を目指します。

 

教師を目指すなら、実践が学べるスクールを選べ!

実際に現場で活躍できる教師になるには…通信講座より、スクールに通って資格を得るほうが断然おすすめです。それは何故かというと…

スクールのメリット

  • 模擬授業などで実践力が身につく!
    テキストだけの通信講座を履修した人より、実践を重ねてきた人のほうが現場で活躍できるのは当たり前。検定試験の合否よりも実習、実践、教授法に重きをおいて教員採用をしている学校もあります。
  • 試験や授業のサポート体制が手厚い!
    授業の良いところは、その場で質問できること。また、スクールによっては同じ講義を繰り返し履修できたり、実践が不安な方向けに追加講座を開いているところもあります。検定試験対策もお任せでOK。
  • 就職先とのコネクションがある!
    これはスクールによりますが、国内・海外問わず日本語教師として働ける就職先とのコネクションがあるため、ゼロから就活する人に比べて何倍も就職しやすさがUPします。

上記のようなメリットがあるため、日本語教師に本気でなりたいと願うなら、独学や通信講座より、スクールに通うことが近道

このサイトでは日本語教師資格を取得できるスクールについて、講座の特徴やサポート体制を比較したランキングを紹介していますので、夢を形にしたい方は、是非参考にしてみてくださいね。

日本語教師資格のためのお勧めスクールランキング

いま、日本語教師が注目されています!

日本語を母国語としていない人に日本語を教えるのが、日本語教師の仕事。
以前から人気のある職業ですが、最近は講義のエピソードを 面白くまとめたコミックエッセイが話題になるなど、人気に拍車がかかっています。

今は世界中で日本の文化が注目され、積極的に日本語を学びたい外 国人の数が増えているそうで、国内のみならず海外でも日本語教師の活躍の場が広がっています。

日本語教師になるには特に国家資格などは必要ありません。しかし、多くの求人募集要項では、上記で説明したような資格等の条件が課されています。
日本語教師を生業としていきたいのなら、やはり資格は取得しておくべきです。

日本語を喋れても、全く知らない人に言葉を教えられるかどうかは別物。 基本的な知識をマスターしていれば、即戦力として現場で活躍できます。
それゆえ、日本語教師を募集する企業側も「資格」の有無を判断基準にしているのです。

 
日本語教師の資格を取りたい!