日本語教師への資格を手に入れるための近道・スクールを徹底比較

HOME » 日本語教育能力検定試験に合格するには

日本語教育能力検定試験に合格するには

外国人に日本語を教える、楽しくやりがいのある日本語教師の仕事に就くにはどうしたらよいのでしょうか?

大学で日本語教育課程を履修する、飛び込みでアルバイトから始める、外国で開業する…など、方法としてはいくつかありますが、やはり一番堅実なのが「日本語教師の資格を取り、就職する」という道。

日本語教師になるのに本来特別な資格は必要ないのですが、やはり教師という職業柄、就職するにあたりある程度の予備知識は知っておいてほしいもの。

現在日本国内の採用事情では、日本語教師に必要な知識が基礎的水準に達しているかを証明するものとして、「日本語教育能力検定試験」を採用の条件として掲げている現場が多くなっています。

このほかにもいくつか日本語教師向けの資格はありますが、一番歴史が長く出題範囲が多岐にわたるため、この試験が最重視されている傾向があります。

実は対策法もあまり出回っておらず、市販の本もまだまだ少ないため、多くの方は資格スクールや通信講座を利用して資格取得を目指すそうです。中には完全独学・過去問のみで合格される方もいますが、かなり稀。確実に合格したいなら、なんらかのサポートを利用することをおすすめします。

では、一体この「日本語教育能力検定試験」とはどのような試験なのでしょうか?

このカテゴリでは試験内容や出題範囲、出願方法などの試験概要を掲載しています。また、試験に関して多くの方が気になっている疑問・質問をまとめたページもありますので、受験を考えている方・日本語教師になる夢がある方は是非一度内容をチェックされることをおすすめします。

 
日本語教師の資格を取りたい!