日本語教師への資格を手に入れるための近道・スクールを徹底比較

HOME » 日本語教育能力検定試験に合格するには » 試験の内容をチェック

試験の内容をチェック

ここでは、日本語教育能力検定試験の出題範囲や内容、申し込み方法などを紹介します。

日本語教育能力検定試験について

日本語教育能力検定試験とは、日本語教育を行う専門家としての知識が基礎的水準に達しているかを検定するもの。

日本語教師は国家・公的資格がなくてもなれる職業。資格が必須なわけではないのですが、この試験に合格していることで基本的な知識は持ち合わせているという証明ができるため、就職時に判断材料とされる場合も多いのです。日本語教師を目指す方は、是非取得しておくべき資格だと思います。

試験の概要

試験には1日かかり、午前午後に分かれています。

  • 午前
    基礎的な内容を問うマークシート方式(90分 100点)
  • 午後
    音声を聞いて回答していくリスニング形式(30分 40点)
    総合的な実践力を問うマークシートと一部記述式の問題(120分 100点)

出題範囲

区分 項目
社会・文化・地域
  • 世界と日本
    諸外国・地域と日本/日本の社会と文化
  • 異文化接触
    異文化適応・調整/人口の移動(移民・難民政策を含む)/児童生徒の文化間移動
  • 日本語教育の歴史と現状
    日本語教育史/日本語教育と国語教育/言語政策/日本語の教育哲学/日本語及び日本語教育に関する試験/日本語教育事情:世界の各地域、日本の各地域
  • 日本語教員の資質・能力
言語と社会
  • 言語と社会の関係
    社会文化能力/言語接触・言語管理/言語政策/各国の教育制度・教育事情/社会言語学・言語社会学
  • 言語使用と社会
    言語変種/待遇・敬意表現/言語・非言語行動/コミュニケーション学
  • 異文化コミュニケーションと社会
    言語・文化相対主義/二言語併用主義(バイリンガリズム(政策))/多文化・多言語主義/アイデンティティ(自己確認、帰属意識)
言語と心理
  • 言語理解の過程
    予測・推測能力/談話理解/記憶・視点/心理言語学・認知言語学
  • 言語習得・発達
    習得過程(第一言語・第二言語)/中間言語/二言語併用主義(バイリンガリズム)/ストラテジー(学習方略)/学習者タイプ
  • 異文化理解と心理
    社会的技能・技術(スキル)/異文化受容・適応/日本語教育・学習の情意的側面/日本語教育と障害者教育
言語と教育
  • 言語教育法・実技(実習)
    実践的知識・能力/コースデザイン(教育課程編成)、カリキュラム編成/教授法/評価法/教育実技(実習)/自己点検・授業分析能力/誤用分析/教材分析・開発/教室・言語環境の設定 /目的・対象別日本語教育法
  • 異文化間教育・コミュニケーション教育
    異文化間教育・多文化教育/国際・比較教育/国際理解教育/コミュニケーション教育/異文化受容訓練/言語間対照/学習者の権利
  • 言語教育と情報
    データ処理/メディア・情報技術活用能力(リテラシー)/学習支援・促進者(ファシリテータ)の養成/教材開発・選択/知的所有権問題/教育工学
言語一般
  • 言語の構造一般
    言語の類型/世界の諸言語/一般言語学・日本語学・対照言語学/理論言語学・応用言語学
  • 日本語の構造
    日本語の構造/音声・音韻体系/形態・語彙体系/文法体系/意味体系/語用論的規範/文字と表記/日本語史
  • コミュニケーション能力
    受容・理解能力/言語運用能力/社会文化能力/対人関係能力/異文化調整能力

出願方法・試験会場

  • 出願方法
    出願書類が同封されている「受験案内」が、6月下旬~8月上旬に書店で販売されています。
    受験料(10,600円)を所定の振替払込用紙で払い込み、出願書類を特定記録郵便で送付すれば完了です。
  • 試験日
    10月の第3日曜日、年1回
  • 試験会場
    札幌・仙台・東京・名古屋・大阪・広島・福岡(予定)

日本語教師向けの試験はこれだけではない!

先ほど冒頭でも述べたように、日本語教師としての知識を証明する試験は国家資格ではないため、いくつかの協会が似たような試験を実施しています。例として、全養協の「日本語教師検定」をご紹介しておきましょう。

日本語教師検定とは

日本語教育能力検定が現場に直接必要な知識・技能のみならず、日本事情・世界事情なども要求されているのに対し、日本語教師検定は教育実習の授業において担当教師が実習生に対して述べたコメント(改善点)などを研究分析して問題が作られています。

いわば、実践向けの出題傾向になっています。さらに、ビデオで問題が出される場面があるなど出題形式も実践向けです。

それと、全国11都市と開催場所も多いのが特徴ですが、まだ今年で8回目と歴史が浅く現場での認知度はまだまだこれから、という試験です。

日本語教師の資格試験はいくつかありますが、複数を取得しなくても基本能力が備わっていることは資格1つで充分証明できますから、あれこれと手を出さず、堅実に合格を狙って勉強を積み重ねましょう。

日本語教育能力検定試験クリアのためのお勧めスクールを徹底比較!

 
日本語教師の資格を取りたい!