日本語教師への資格を手に入れるための近道・スクールを徹底比較

HOME » 日本語教師への資格を取得した先輩の声

日本語教師への資格を取得した先輩の声

スクールを卒業して資格を取得し、憧れの仕事に就いた現役日本語教師の先輩の声を紹介します。

先輩日本語教師が語る、スクールとお仕事の実情

ドラマや本でも注目されているお仕事、日本語教師。いまやその活躍の場は日本語学校だけに留まらず、国内では企業や団体への派遣、公立・私立の学校に在籍する留学生への指導、ボランティアなど、幅広い活躍の場所があります。

また、海外にある日本語学校や大学、ボランティア団体でも日本語教師は必要とされているんです。

今現在、アジア圏を中心に約200万人が日本語を学んでおり、今後ますます増加するといわれています。その理由が「日本の文化に対する興味」。以前は江戸時代や戦国時代など、歴史をきっかけに興味を持つ方が多かったのですが、現在はアニメやゲーム、アイドル文化などがどんどん海外進出しており、海外の若い世代が日本の様々な文化に対して強い興味を持っているのだそうです。

日本語教師になるためには教員免許が必要なわけではありませんが、日本語学校などが教員を採用する際に判断基準として使われるのが、日本語教育能力検定試験やカリキュラム修了実績。

以前はこのような資格は必要ありませんでしたが、日本語教育の需要と質が高まるにつれ、教師の知識・教養なども高い水準が要求されるようになり、今ではほとんどの求人で資格の有無が条件に上げられています。

その資格をスクールに通い取得し、実際に日本語教師として働き出した3名に、この仕事を目指した理由やスクールの内容、今の仕事についてを伺いました。

会社勤めから転職した方大学卒業後すぐに資格を目指した方定年退職後に第2の人生として日本語教師を志した方など、境遇は本当に様々ですが皆現在の仕事に誇りを持って働いている方達ばかりです。

 
日本語教師の資格を取りたい!