日本語教師への資格を手に入れるための近道・スクールを徹底比較

HOME » 日本語教師への資格を取得した先輩の声 » 大学卒業後にor定年退職からスタートした2人

大学卒業後にor定年退職からスタートした2人

ここでは、スクールランキング1位のヒューマンアカデミーで、大学卒業後すぐに日本語教師の講座を学んだ方と、定年退職後に資格取得を目指した方、全く境遇の違う二人のお話を紹介します。

大学卒業後に資格取得を目指した理由とは

Bさんは、4年生大学卒業後、就職ではなく日本語教師資格取得を目指してヒューマンに入学しました。

大学卒業後、日本語教師資格取得を目指してヒューマンに入学元々日本について興味があったので、大学では日本文学を専攻していたんです。4年で就職を考えたとき、日本に興味がある人に日本のことを教える仕事がいいなぁと思い、見つけたのが日本語教師という仕事だったんです。ですが今の自分には日本語を教える技術も知識もない。そこで、就職の道を選ばず、新たにスクールに通うことにしたんです。

独学で資格を取って、就職する選択肢もあったとは思うのですが、実際4年次にチャレンジしたんですが、独学ではうまくいかなくて

チャンスが年1回しかないですからね。なので、実践授業が受けられて資格も取得できるスクールにしっかり通ってみようと思ったんです。さすがに学費を親に頼るわけにはいきませんから、試験の後はアルバイト三昧でしたね(笑)。

実際に授業を受けてみて、やっぱり、目の前で先生が教えてくれる授業は違うと思いました。すぐに質問できるので、独学の何倍も頭に入ります

一番良かったのは、模擬授業です。学習者として実際に外国の方を招いて、自分が教鞭を取るんですよ。プリント作りから授業内容の組み立てまで全部自分でやるので、まさに本番さながら。

授業後に先生やクラスメートからの厳しいレビューがあったお陰で、日本語教師としての実力が充分に培われたと思います。

就職先を選ぶとき、色々と考えてみたんですが、まだ若いからこそ大きなチャレンジがしたいなぁと。思い切って、海外の日本語学校への就職を探したんです。ヒューマンは海外就活もがっちりサポートしてくれたので、あまりにすんなりと内定してしまい驚きました。

現在はシンガポールで日本語教師をしており、ここに通う生徒さんは、皆日本の言語・文化を学びたいという意欲が強くて日々圧倒されています。現地人の先生と意見が分かれ苦労することもありますが、日々自分が成長しているのが実感できるのが楽しくて仕方がありません

定年退職後に自分らしい生き方を選択

Cさんは会社一筋40年のサラリーマンでしたが、定年退職を機に、日本語教師への道を目指しました。

ずっと会社一筋で生きてきて、いざ目の前に定年が迫ったとき、これからどうやって生きていこうか真剣に悩みました。

最終的に「好きな国語を活かしたライフワークを手に入れたい」と思い、日本語教師の資格取得を目指してみることにしたんです。幸いこの資格には年齢制限がありませんし、社会経験・日本語力が豊富だという理由で定年後の世代にも求人が多いとのことで、一生出来る仕事になりうるかなと。

若者よりは多少頭が固くなっているかもしれませんが、講義には問題なくついていけました。要は、熱意があれば大丈夫なんです。どうしても分からなかった部分は個別で教わることもできましたし、私には時間がある分、予習復習もしっかりできましたから。

若い方とも同じ夢を目指す仲間として意見交換したり、模擬授業の練習をしたり、一緒にご飯を食べに行ったりと、スクールのお陰で世代を超えた友人が思いがけずたくさんできたのも良い思い出です。

日本語教師としての第2の人生は会社員時代とはまた違う苦労があります。それでも、生徒が日本語の意味をしっかり理解してくれたとき、美しさに気がついてくれたとき、さらに日本が好きになったと感じてくれたときの喜びは、何物にも変えがたいです。

さらに、生徒達は日本人の私では気付かなかった疑問や質問を容赦なくぶつけてきますから、それに答えるために今までとは違った角度で日本のことを考えるようになりました。

日本語教師になってからの人生のほうが充実していて本当に楽しいと、日々感じています。

 
日本語教師の資格を取りたい!